株式会社OHANAを立ち上げた経緯

代表取締役社長 佐藤宏満
こんにちは。
株式会社OHANAの佐藤です。

ここでは、私が株式会社OHANAを立ち上げた経緯を解説させていただきます。
ぜひ、私たちの活動の根源となる想いを伝えさせてください。

秋田県には、見逃せない問題が1つあります。

それは、身体障害者や知的障害者向けの入所施設はたくさんありますが・・・。
個別対応が求められる発達障害者向けに配慮された入所施設がほとんどないという点です。

そして、発達障害に特化した施設は県内には、今は1つもないのが現状です。

このような背景がある中、施設になじめない発達障害者が起こす強度行動障害(自害、他害、パニック)から、精神病院に入院し、多量の服薬生活になる発達障害者の方が増えることを・・・。

見過ごすことが出来ませんでした。
そこで、株式会社OHANAを立ち上げ、発達障害者向けに配慮された入所施設をスタートしました。

支援する側の知識不足により障害特性に合わせたサービス提供が出来ない状況。
とりわけ秋田県での発達障害者(自閉症スペクトラム障害)に対して何か出来ないかと強く考えるようになったのです。

私たちが知らないところで、たくさんの悲劇が今日も起こっているかもしれません。

一人でも多くの発達障害者とその親御さんが暮らしやすい生活を支援する。
私たちは、今日もこのような考えを持って、仕事に励んでいきます。

自閉症の方の暮らしをデザインするご提案

弊社が大事にしたいコアバリューは以下の4点です。

1.自閉症の人を正しく理解すること
2.アセスメント評価から始まる支援
3.個々の学習スタイルに合わせたサービスを提供すること
4.自閉症の人のもっとも基本的なニーズに応える

そして、特性に合わせた支援の具体的方法をきちんとサービスとして提供する。
それが自閉症の方の暮らしをデザインすることに繋がります。

そのデザインをしっかりと形にしたサービス提供をするのが自閉症スペクトラム特化型生活介護事業所Kaiとしての役割であると考えます。

自閉症の方が穏やかで親御さんが安心した生活が送れるためのお手伝いをさせていただきます。